お水のお仕事の考え方の違い

私がキャバクラ業界に入ったきっかけ

私がキャバクラ業界に入ったきっかけは単純にバイトしたいなって思って求人を見ていたのが始まりですけど求人を見ていたときは今のように続けられるような感じはしていませんでした。キャバクラの求人の中からいいなと思った求人に連絡して面接を受けて体入したときにたまたまお店の雰囲気がとっても良かったこととか、働いているキャバ嬢の対応がとっても良かったので極端な緊張をしないでその時間を過ごせたのを覚えています。普通女性が多い職場って嫌なことが多いと思うんですけど、そういうことはほとんどなかったです。どちらかというと優しくフォローしてもらっている感じで良いところは今の良かったよとか言ってもらえて悪いところはこうだよとか教えてもらう感じだったので悪い印象はなかったです。このことがきっかけになって今はそのお店でずっとバイトしています。時給もいいし居心地も良くなっていい感じです。お客様にも指名をいただけるようになったのが何よりですね。

対処法を教えてくれたキャバクラの先輩

軽い気持ちでキャバクラの求人に応募したことがきっかけで、夜のバイトを始めました。夜っていえばエッチなイメージがありますし、出来ることならエッチなことはしたくないなと思い風俗ではなくキャバクラの仕事をやってみたのですが、実際に接客をしてみたらほとんどのお客さんが体を触ってきました。太ももや腰に手を回すだけなら軽く手を払って拒むことできますが、おっぱいを触ったりドレスの中に手を入れてきたりとかなりエッチなことをされました。一度だけお客さんに怒ってこの仕事をやめようと思ったのですが、先輩に呼び止められて色々と対処方法などを教えられました。多少は触らせた方がお客さんの羽振りもよくなるし、そうなると私の給料もよくなるのでお金のためと思いセクハラに耐えることにしました。たまに、すごくエッチな気分になってしまって本当に感じてしまう時もありましたが、なるべく冷静に対処できるように頑張っています。多少触られるだけで給料が一気に跳ね上がるなら悪くない話ですよね。

最高レベルのお金が!

いろんなキャバクラの求人からお店を見て回りましたが、今のお店が私にとっては一番相性がいいと思います。ここのお店はいわゆる少し高級な感じのするお店なんですが、そのお陰でやってくるお客さんは上品な人が多いのが特徴です。普通のキャバクラはいかにもガテン系のような人も来ますし、下手したら大学生のお客さんすら来るようなところもあるんですよ。いろんなタイプがいますので、私としてもやっぱり働きがいはあると感じていましたが、今のお店を知ってから間違いなくほかのお店には戻れないようになりました。このお店の特長として、求人の通りでとにかく稼ぐことが出来ます。アルバイトでこんなにいいお金を貰っていいのかと思うくらいに大金が手に入りますので、本当にいい気分になれますよ。的確に様々なタイプのお客さんに合わせて接客を行うことは難しいのですが、それができるようになると本当に人気が出てきます。人気が出てきたら、この仕事はアルバイトとは言えないような、本当に最高レベルのお金を手に入れることができますよ。

キャバクラでバイトしだして考えも変わった

キャバクラでアルバイトしだしてから、気をつけるようになったことがあります。それは自分の健康に関してで、それまでは全く気にしていなかったのに、自分でもえらい変わりようだと思っています。昼間はOL、夜はキャバクラ嬢という生活しだしてから半年くらい経ちますが、ちょっと生活も変わりました。やはり水商売の仕事は自分で気付かなくても疲れが溜まりやすいもんだから、あとになってガタが出やすいんじゃないか、と危機感持ったからです。単純にお酒飲んでるし夜遅いしで肌に悪いことをしてますから、やっぱり影響はないように思えません。最初求人に応募した時には、全くそんなこと気にもしていませんでした。ウチのお店に何人かいる30代のキャストさん見て、ハッと気が付かされました。イキイキしている人、逆に疲れが見える人と両極端だったからです。元気な方の人はやっぱり普段からいろいろ時を付けているみたいで、何もせずに元気さを維持しているわけではないようです。外側はメイクでキレイに仕上げられても、内側はやっぱり隠せません。内側もキレイでいたいですから、見習って健康にも気を付けてるわけです。

一度ハマると抜けられない!

自分で満足のいくような接客が出来たことってキャバクラで1年以上アルバイトをしてきてまだ1回もありません。やっぱりあの時こうしていればお客さんはもっと喜んでくれたのにって考えちゃうんですよ。アルバイトだからそこまでしなくていいだろうって思うような人もいると思うんです。でもキャバクラのバイトって求人にあるようにもらえる給料に直結しているんですよ。だから怠けたらそのぶんお金が減るわけなんですね。わたしはやっぱり沢山お金をもらった方が嬉しいのでいつも妥協はしません。いろいろな人を喜ばせるには色々な知識を付けなければいけないと思いますのでその勉強も時間がある時にしています。求人をたまに見返して自分がここに書いてあるような人になれているのかを確認したりすることもあります。結局いろんな人に認められたいという欲求があるのかもしれませんね。キャバクラって本当に奥が深くていつまでも満たされることのない仕事の多さがありますが、一度ハマると抜け出せなくなるくらい魅力的でもあるんです。